読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪人中

高校ではセンター試験の一週間前まで部活を現役でやっていた。

そのため、浪人は当然・・・なんていうのはただの甘えだということを思い知る。

同期7人みんな同じ時期まで部活していたのに浪人したのは自分だけ。

学歴もそこそこ以上のところに入っている。浪人した自分を除けば一番下でも関関同立。もしも部活が忙しくて受験に支障が出るとか言ってる人はおそらく根本的に勉強の効率が悪い。やり方を変えれば成績も伸びるでしょう。まぁ、自分は浪人したんですけどね。

 

浪人時代はなぜか走ってた。というのも大学でも陸上を続けたいので、走れないなら大学へ行く意味がないと考えていたからだ。多い月で月間600kmと現役と同じくらい距離だけは走っていた。肝心のお勉強はというと、志望校の模試判定がAになったところで終了。早慶に進学しても走れないし、国立に行けるほど理系の勉強はしていない。

 

一応受験の結果、W・R・G・Hに合格。親や周りはWにしてくれと言っていたがそこには行かなかった。

 

結局浪人時代は無駄ではないが、薄い一年だったと思う。記憶もあまりない。