読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校時代

陸上でレギュラーがとれそう+そこそこの大学に行ける+近い、ということで入った高校。

一応市内では上位の進学校でテニスや吹奏楽部が強いという触れ込みであった。

入学前の練習に行くと同世代で800m全国8位の奴がいる。うそだろ?と思った。

というか、入部した中で一番遅いのが自分だった。ちょっと調子に乗っていたところで県大会に出た程度では通用しない世界に来てしまった。こんなはずではなかった。

 

高校3年間は語るのがある意味簡単である。

3年間、部活してた。

これに尽きる。あとは、大学は浪人でいいやと思ってたら、自分以外みんな現役で進学してた。

この2点。中学時代もそうだったが、ここから先は部活の話しか出ない。

 

1年目。部員は長距離だけで20人くらい。チームの目標は関東駅伝出場。休みは月2~4日。朝・午後の2部練習と、春夏の合宿がある。

県内でもめちゃくちゃ速い1個上の先輩を軸にしたチーム。

練習は3グループに分かれ、メニューは全部監督が決める。

みんな中1からやっていたが自分は中2秋から。基礎が全く違う。スポーツにおいて基礎力が違うということは致命的であり、練習には当然ついていけない。そして、中距離ブロックがない。長距離みんなで1ブロック。ほぼ全員5000mをやる。1年目でついていけた練習は3回しかなかった。あまりの実力差に退部もよぎったが、この監督には部活やめたいなんて言いだせない雰囲気がある。周りも「やる気ないなら辞めちまえ」とはいうが、実際に辞めようとすると辞めさせてはくれない。個人では全くだめだったが、チームは県駅伝4位で関東に出場した。同期ミーティングでは全国駅伝に出ることを目標にした。また、この年には先輩が長距離種目で高校史上初のインターハイに出場した。

 

2年目。

後輩が入るので自分と同じくらいの実力の人と練習できるかと思ったら、そんなことはなかった。最初のうちはできたけど、やはり差がつく。2年目も記録は伸びるがチームでは下の方。駅伝のコースでタイムトライアルをする試走では区間6位相当のタイムは出たが、それでもチーム内では下から4番目くらい。この年は1学年上のエースが県高校記録を更新し、その先輩を擁して全国を目標にしたが県駅伝2位で叶わず。誰も喜べなかった。

 

3年目。

もっとやばい新入生が入学してくる。

ほとんどが県大会上位入賞。しかも一人は3000mが8分30秒。全国中学歴代30傑にのっている。

ただ、意外と彼らのうちの何人かと競ることができるくらいに自分も伸びていて、2000mTTでは校庭で6分02秒とまずまずのタイムで走れた。

駅伝当日までに自分たちは14分50秒台が2人、ほかは15分一ケタ~20秒台が5人。優勝候補筆頭は14分20秒台が1人、15分を切ってるのが5人。残りが15分一ケタ。地元新聞ではライバル校、10連覇は

盤石と書かれていた。自分たちは先輩が抜けて4~7位の関東大会争いと書かれていた。

 

しかし、1区から自分たちは予想を覆す。

大方の予想では1区で1分近い差をつけられて、その後も広げられて完敗、というシナリオが大多数だった。某ネット掲示板でもそうである。しかし、3年生がくらいついて20秒差の3位。その後はこちらのプラン通りに進んで優勝。ネットや地元紙ではまさかの優勝とされたが自分たちは5分5分くらいには思っていた。先生は20%くらい勝てると思っていたらしい。

 

こうして自分たちは無事全国へ行き、(ちょっとした事件も起こし)卒業しました。

この3年間ではたとえ周りがなんと言おうと、正しい方向の努力をすることで可能性は大きく広がることを知りました。また、一つを選ぶことは一つを捨てることであり、どっちの選択をしたいか常に選ばなければならないことも知りました。

 

でも、良いことばかり書きましたが、高校時代は部活以外の人間はみんな「口では勝ちたい、頑張ってるって言うけど、お前らそんなに努力してないじゃん。体育祭の前にもっとガチになるものがあるんじゃないの?そっちにまきこまないでくれ。」って思いながら過ごしました。選民意識みたいな感じです。今思うとそれは間違っているのですが、当時は「これが正しい。自分たちが正しく、結果も出した」と自負していました。

 

今、草野球チームに1つ上の他の部活だった先輩がいますが、あのころは本当に若かったと思っています。