振りかえり 中学

主にいじめと野球の記憶しかない小学校時代を抜けると、そこは中学校であった

 

はい。中学ですね。ここでは出会う人の数が一気に増えます。

まずは1年生。

かつて同じ幼稚園だった人とかがいたりして、久々に会って楽しい気持ちもありました。ですが、小学校のイジメグループに相変わらず苛められます。野球部でも下手なので基本的には練習試合の塁審を務めるか、練習の補助役(プレーは下手だが、野球をよく知っていると見られてた)。ただ、それでも元来真面目君な私は学級委員をやってたりします。で、それらが楽しかったかというとそんなことはない。真面目でつまらない人間の典型例。ここまではそんなにいい思い出のない人生ですね。でも、この時に出た地元のマラソン大会の審判に中学の陸上部の先生がいたことが後につながります。

 

2年生。

この2年の夏に部活やめました。○○部活やめるってよ、って感じでもなく普通に「あいつ辞めるんだ」「ふ~ん」くらいだと思いますね。学年で2番目の捕手。しかも外野に回されて「あ、もうここで試合出るのは無理だな」と思いました。父親にも「今までの試合数(2年夏の時点で3試合3イニング出場で打席数0 本当に野球やってたのかw)で、この時期にコンバートは戦力外」と意見が一致したこともあり、退部しました。親の影響は大きい。一度始めたことを辞めるのはこれが初めてです。大きな決断でした(ちなみにこの後野球部顧問が担当してた科目の成績が5から3になりました。内申点で進路が決まる身分には非常につらい)。ここで地元のマラソン大会云々が出てきます。退部届を出したのを見て陸部の先生から「陸上やってみないか」と言われたのです。